なげる〜んレッスン日記 全てのベースボールプレイヤーに新提案!イマトーメソッドスローイングマスター「なげる〜ん」。

野球を通して子ども達を育成する③

~加点法と減点法による指導~

子ども達を指導する立場になった時、
どんな指導をすればいいんだと悩むのではないでしょうか。
その基準になるのは今まで受けた指導ではないでしょうか。
いいも悪いも・・・。

指導を受けている時は、納得いかないな~っと思っていた指導法(内容)であっても
大人になると同じ指導をしているのではないでしょうか。


様々な指導法があるかと思いますが、その元になる考え方として
「加点法の指導」と「減点法の指導」があります。

指導対象者の習熟度の出発点が0点(加点法)と100点(減点法)ということです。
例えば、指導対象者が中学2年生だとした場合、
加点法は、中学2年生としての0点でスタートします。
減点法は、中学2年生としての100点でスタートします。

加点法の場合、0点でスタートしますから指導対象者を見た場合、
「あれは出来ている。これも出来ている。でも、ここがまだ出来ていない。」
という感覚になります。
減点法の場合、100点でスタートしますから指導対象者を見た場合、
「あれは出来ていない。これも出来ていない。でも、ここは出来ている。」
という感覚になります。

加点法であれば、もっとこうすると成長するぞ!力がつくぞ!
という発想になります。
一方、減点法になるともっとこうしないと成長できないぞ!力がつかないぞ!
という発想になるかと思います。

指導対象者(以下、Aくん)の総合評価点が40点(合格点60点)だったとします。
加点法は、「40点もある」となるが、減点法は「40点しかない」になります。
その40点であったAくんの評価が50点に上がった場合、
加点法は10点も上がった!減点法はまだ10点足らない!
になるわけです。

指導する側が、子ども達の習熟度に応じて、加点法による指導を指導の原点としているのか、減点法による指導を指導の原点としているのかで発する言葉も変わるし、受ける子ども達の感覚も変わるのではないでしょうか?

コメント

一言どうぞ

コメントフォーム