なげる〜んレッスン日記 全てのベースボールプレイヤーに新提案!イマトーメソッドスローイングマスター「なげる〜ん」。

| 次 »

野球を通して子ども達を育成する③

~加点法と減点法による指導~

子ども達を指導する立場になった時、
どんな指導をすればいいんだと悩むのではないでしょうか。
その基準になるのは今まで受けた指導ではないでしょうか。
いいも悪いも・・・。

指導を受けている時は、納得いかないな~っと思っていた指導法(内容)であっても
大人になると同じ指導をしているのではないでしょうか。


様々な指導法があるかと思いますが、その元になる考え方として
「加点法の指導」と「減点法の指導」があります。

指導対象者の習熟度の出発点が0点(加点法)と100点(減点法)ということです。
例えば、指導対象者が中学2年生だとした場合、
加点法は、中学2年生としての0点でスタートします。
減点法は、中学2年生としての100点でスタートします。

加点法の場合、0点でスタートしますから指導対象者を見た場合、
「あれは出来ている。これも出来ている。でも、ここがまだ出来ていない。」
という感覚になります。
減点法の場合、100点でスタートしますから指導対象者を見た場合、
「あれは出来ていない。これも出来ていない。でも、ここは出来ている。」
という感覚になります。

加点法であれば、もっとこうすると成長するぞ!力がつくぞ!
という発想になります。
一方、減点法になるともっとこうしないと成長できないぞ!力がつかないぞ!
という発想になるかと思います。

指導対象者(以下、Aくん)の総合評価点が40点(合格点60点)だったとします。
加点法は、「40点もある」となるが、減点法は「40点しかない」になります。
その40点であったAくんの評価が50点に上がった場合、
加点法は10点も上がった!減点法はまだ10点足らない!
になるわけです。

指導する側が、子ども達の習熟度に応じて、加点法による指導を指導の原点としているのか、減点法による指導を指導の原点としているのかで発する言葉も変わるし、受ける子ども達の感覚も変わるのではないでしょうか?

野球を通して子ども達を育成する②

~コーチングとティーチングの違い~

コーチングとは、質問をすることで相手から答えを引き出し、
自発的に動く動機付けをすること。
また、ティーチングとは、
指示・アドバイスをすることで相手に答えを与え、
その通りに動かすこととされています。

教育が国を富ますと言われるわけですが、
その原点にあるものは暴力で物事を解決するのではなく
知識や教養を身につけて、
自らで考え自ら行動を起こすことができる人材を輩出することが出来れば
世の中は良くなるのではないでしょうか?
 
つまり、「社会的自立」を子ども達に導くことこそが
教育の究極の目的ではなかろうかと考えるわけです。

そのためにもティーチングとコーチングのバランスは、
叶うなら3:7、もしくは2:8が理想ではないかと思っています。
 
子ども達は、必ず失敗をすることでしょう。
でも、自ら考えて自ら失敗したのであれば
意味のある、次に繋がる失敗ではないでしょうか?

野球でもただ闇雲に打って凡打をするよりは、
状況に応じて意図したバッティングの結果、失敗(ヒットではない)したとしても
それは、ヒットに限りなく近い凡打になるのではないでしょうか?

指導者は、子ども達を我慢強く、粘り強く見守ることではないでしょうか?

島田イースタン(静岡県)でぱっとふる~んとなげる~んを利用しています!

静岡県の島田イースタンでは
なげる~んとぱっとふる~んのトレーニングを取り入れています!

動画(You Tube)にてご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=jkfvk3XiRWA

石毛宏典先生との1枚

去る1月10日~11日千葉県君津商業高校で行われた
全国高校野球指導者勉強会でのひとコマ。

null

私は、帰りの飛行機の時間があったので早めに出発。
グランドを後にするために車を待っていたところ
指導の途中にトイレに来られたところを「パシャッ!」
貴重な1枚になりました。

指導は、年齢を全く感じさせない実践ありの熱い指導でした。
指導を受けた高校生より元気があり最も軽やかな動きをしておられました。



年に1回の指導者勉強会ですが、現場を離れて16年。
毎年欠かさず勉強させてもらっています。
指導者がまず、率先して勉強ですね。

浦和学院の江口投手もなげる~んを振っています!!

2015年3月31日(火)スポーツ報知に以下の記事(写真)が掲載されました。

null

今春の選抜大会で惜しくも準決勝で敗退はしましたが
一昨年の優勝校で甲子園常連校の強豪
浦和学院のエース江口投手なげる~んを振っている写真です。

浦和学院にはなげる~ん開発者今任靖之先生が毎年指導に行かれています。

ピッチャー陣への的確なアドバイスや指導とともに、
監督森士先生の厳しい指導によって
選手がなげる~んをしっかり振って年々力を付けて
今や押しも押されぬ全国屈指の強豪校になりました。

他にも広島広陵高校、愛知愛工大名電高校、香川英明高校、北海道旭川工業高校など
全国の強豪校と呼ばれる高校でなげる~んは活躍しています。



なげる~ん65新登場!!

 この度、多くのユーザーの要望もあり「なげる~ん65」(長さ65cm)を新発売する運びとなりました。
なげる~ん(50cm)となげる~んスーパーロングⅡ(75cm)の中間です。
 
素材について、途中、なげる~んスーパーロングのみ、「ポリアスタール」という素材を使うように変更しました。
これは、スーパーロングの長さの分しなりすぎることと元に戻りにくくなり変形したまま戻らないといったご意見もあり変更しました。
「ポリアスタール」は当然しなりますが、形状記憶力が強くスーパーロングの目的用途には最適です。
 
なげる~ん65の素材は6ナイロンを使用しました。
65cmという長さと6ナイロンという素材が適当なしなりを生み、文字通りなげる~ん(50cm)となげる~んスーパーロングⅠⅡ(75cm・1m)の中間の感覚とそれぞれに効果が十分感じれるものとして、自信を持ってお勧めしたい製品です。

発売記念として3ケ月間6000円で発売。以降、6800円になります。お早めのご注文お待ちしております。

NPB一流選手復活の陰になげる~んあり!!

 現在、NPBで活躍中の在阪球団在籍K選手もなげる~んリードを使ってリハビリに励み見事、復活。今シーズンは、開幕から大活躍です。  一昨年、同選手からの依頼で春のキャンプで今任先生が直接会って説明、指導されています。その時の印象を「あれだけの選手でもきちんと帽子を取って気を付けの姿勢で挨拶、一礼してた。」さすが一流選手だと今任先生は言っておられました。さすがのひと言です。そういう選手だからこそ一流になるのだと思います。  その後のトレーニングの様子について他の方からの情報でなげる~んリードを使って言われた通りの練習をされていたとのことです。やはり、プロフェッショナルになる人というのはこれだと思ったらそれを徹底して、繰り返し繰り返し努力できるのだと思います。  写真や実名を上げられないのが残念ですが、その他、現在でもなげる~んを使ってトレーニングしているプロ野球選手は多数おられます。今宮選手はじめ今年のドラフトで入団した選手も・・・。  皆さんも信じて振り続けてください。必ず成果が現れますから。

ベースボールクリニックに掲載されました!!

 ベースボールクリニック2012年5月号に「まいお~るT」(トレーニング用台)の上で「なげる~ん」を振って練習するピッチャーの写真が掲載されました。  写真はある全国屈指の強豪校(高校)の選手です。以前から開発者である今任先生が指導されたこともあり、当然、日頃から厳しい指導者で毎年のように甲子園に導いておられる同校監督の指導の下、全国優勝や多数のプロ野球選手も輩出しています。  こういった基本練習の繰り返しが、大きな力となって今後の野球人生を支える礎となるのです。福岡ソフトバンクホークス 今宮選手然り、単純な練習だけど信じて繰り返し、繰り返し地道に振り続ければ必ず結果が出ると信じています。「信は力なり!」「継続は力なり!」

ご無沙汰しまして申し訳ありません

この約1年というもの新商品「ぱっとふる~ん」の開発に時間を割いてしまい、とにかく、心に余裕がなくブログをほったらかしにしてしまい誠にもって申し訳ありません。 ここのところチームというより個人レッスンが多かったのですが、その報告方々少しでもお知らせできればよかったのですが・・・。  これに関するコメントは全て言い訳になるのでこのくらいにしたいと思います。ご容赦ください。  さて、お陰様で当社も2007年に起業しまして、5期目に入りました。これも偏に皆様方のご支援、ご指導、ご尽力の賜物だと心より感謝申し上げる次第です。  原点に立ち返って、皆様に多くの情報を提供していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

ぱっとふる~んです!

 大変お待たせしました。本当に長年に亘って開発し、発売にこぎ着けました。今任先生の思いをようやく形にすることが出来ました。 null 詳しくは弊社ホームページをご覧下さい。 http://www.wbc2007.com/

| 次 »